今期あたしがもらい始めたダディの更年期障害にあたって

本年になり「紳士の更年期障害」において企てる様になりました。

少し前までは更年期障害は女性特有の代物かと思っておりました。私の妻も更年期だから・・といった笑って言ってましたが
私自身に当てはまる事があまりに手広く愕然としております。

主な乱調を私自身に当てはめてみるとかなりの乱調が当てはまります。
断然気になっている乱調は、ほんの些細な事でも「苛苛」したりこの先の後々が不安になったりする事だ。

「ジリジリ」は日ごとに酷くなっている様に感じます。オフィスの労働や労働仲間の事例、車種の運転中に感じる事例
、コンビニエンスストア店員の仕方、家庭内での妻からのワンポイントレベル様々です。
以前まではこんなに「苛苛」することは無かった気がします。

又、オフィスの労働でも51年を過ぎ、本当に最終曲線に差し掛かってきましたので余剰数年僕にどの様な労働
や職務があるのか不安になります。

離職後の為の労働見つけ出しや何をあげるかも決めてません。やはり老後の生活費の不安もそうです。
今から何かのリザーブが要求という日頃思っておりますが結構腕が付かづ、これも後々が不安になって要る一因と考えます。

今の界隈、好色の下落はまったく起こっていないと自己勝手に思ってますし、一概に朝立ちはしてます。やはり女性にも視線はあります。

必ずトップ気になっている「苛苛」を解消できるやり方を自分なりに探そうと常々考えております。乳酸菌サプリは、どれがいい?

到底女子になってもムダ毛が気になるとは

ここにきてムダ毛が異様に気になり始めました。
若い頃は皮膚の登場もそれなりにあったし、恥じらいもあったし、身体中のヘアというヘアが気になっていた時分もありました。ただし、結婚して年代も繰り返し娘も産まれ、すでにマミーって一層女性よね?なんて思っていました。

ただし!
本当に気になるムダ毛氏。
それもそのハズ、育児中って作戦をよく洗うから腕まくりをするどくする。自分が洗う時間、娘が洗うのを手伝う時間、そりゃもはや一日中手を洗ってる気分です。

そうして、働くから暑い!
いきなり走り出すわがキッズを押さえるために走る!そうして抱きかかえる!運ぶ!下ろす、走り出す。エン衣類?。暑くってまたもや腕まくり。

グングン夏には常に半袖になるだけでなく、恐怖の水遊びが!

水遊びしようと思ってしてる日はまだいいんですよね。モットーしてあるし。つまりヘアのアレンジも整っています。

観点はいきなり始まる水遊び。
それは母体支援宅だったり公園だったり、まさかのモールだったり、さっさと水遊びが始まります。

うれしいよね、水遊び。ここはショーツの裾めくって無防備なスネ明らか。二度と泣きたい。

どうして昨日のお風呂で手当しなかったのか。だってそういう間隔なかったもん!後悔してももはや時間遅し。

今更ながら永遠抜毛を本気で考えてる最近だ。持ってると仕事に役立つ福祉の資格を取る。

緊張続きで白髪が増えた

久しぶりにヘアのボーダーラインを変えてみたら、白髪が増えていて賞賛!

以前までは白髪なんてほとんど気持ちにならなかったのに、ここにきて急激に増えてしまったような感じです。

それには流石にショックを受けたんだけど、白髪だからまだいいのかなぁ。

いいえ、白髪がすばらしいということじゃなくて、頭髪が沢山抜けてしまうようになるほうが大変だと思いませんか?

次々抜けてしまえば、その分、髪が薄くなって出向くわけなので段々と際立つようになっちゃいますよね。

白髪は最悪の場合、白髪染めをすることが出来るから、押し隠すことはもらえるけど。

それでもなんで急に白髪が増えたんだろう。

年齢的こともあるかもしれないけど、もしや重荷が動機かも。

私生活で色んなことがあって、自分でもうなずけるぐらい重荷が滞りに溜まって掛かる状態です。

出来るだけリフレッシュをしたり、重荷を発散するようには心掛けているんだけど、他にも何か原因があるかもしれないので、少々私生活を振り返ってみようと思います。

家計の直しで書類相談

ほぼ家と同じように、やりくりの改変を通して仲間入りをしている保険を検討しなおしていらっしゃる所もあるというけど、私も過日複数の会社から書類を取寄せました。

今仲間入りをしているところで問題ないと思っているんだけど、似たような条目で一層掛け金が低いところがあるんじゃないかな?って思ってて。

書類を取り寄せるだけ取り寄せて、検討して「何とか今のままで十分だな」という思えば、それはそれでいいのかな?って。

テレビのCMを見て、つい「改変してみようかな?」と思ったのが原因なんだけど、自家用車のことも見直したほうがいいのかなぁ。

自家用車の皆様って、本当は父母のコミュニティの関係で洗い浚いお任せしてあるものになるから、本当は一体全体その条目でいいのか何とかわかっていない界隈があって。

もしや同じ条目で惜しくも短い案があったりするかもしれませんよね。

って考えたら、こっちの方も改変を通してみなくちゃ。

数日後には家中、書類だらけになっていそうな感じですね。